ブラジャ姿の女性

お気軽な手術

白いニットの女性

美容外科クリニックで行われている豊胸手術は、人工乳腺バッグを挿入する方法と、ヒアルロン酸等を注射する注入法の2種類に大別することができます。いずれの方法で豊胸手術を受ける場合も、現在では日帰りで手術を受けられるようになっていますので、気軽に利用することができます。また、日々手術技術の改良が進められていますので、いずれの手術についても安全性の高さは保証付きです。術後に後遺症などが発生する心配はほとんどありませんから、胸が小さいというコンプレックスを抱えている人は、美容外科クリニックに相談してみるとよいでしょう。たとえば、思い切り胸を大きくしたいという希望を持っている場合にはプロテーゼ挿入による豊胸手術が適しています。一方、肌に手術痕を残したくないという人の場合は、注入法の豊胸手術を利用する方がよいでしょう。

注入法による豊胸手術には、ヒアルロン酸を注入する方法の他に、自分の体から吸引した脂肪を注入する方法があります。ヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在している物質ですので、拒否反応が起こってしまう心配がほとんどありません。とても自然な手触りに仕上がりますし、ダウンタイムもほぼ不要だというメリットがあります。ただし、バストアップ効果は3年程度で消失してしまいます。その点、自分の体から吸引した脂肪を注入する場合は、注入した脂肪がうまく生着すれば半永久的なバストアップが期待できます。もちろん、注入した脂肪が全て生着できるわけではありませんが、もともと自分の体にあった脂肪を注入するわけですから、悪い影響は何もありません。さらに、脂肪が気になっている部分から脂肪吸引を行うようにすれば、部分痩せ効果も得ることができます。